ストレートネックを改善させるための「枕」はこれで決まり!

ストレートネックにおすすめな枕ランキング!

【2020年版】ストレートネック枕最新おすすめ比較ランキング!

  • 朝起きても首が重くなってきてつらい
  • 首が痺れて痛い
  • 肩こりがつらい
  • 長時間のデスクワークだと腕が痺れてくる
  • 猫背が治らない
  • 原因の分からない頭痛

このような症状で悩む人が最近増えたと思います。
そしてこれらの症状で悩み検索したら、一度は「あれ、自分ってストレートネックでは?」思ったことありませんか?

ストレートネックとは簡単に言うと、首がまっすぐ前に伸びていること状態です。
その状態が首の神経を圧迫して様々な症状を引き起こします。

ストレートネックで悩んでいる人にとって

「肩こり、首のしびれ、痛みから解放されて快適な生活を送ること」

ができれば最高ですよね。

ストレートネックは日々の姿勢を改善することが必要です。
しかし、睡眠からアプローチをすることもできます。

枕でストレートネックを改善させることができるのです!!

何とかしたい!と考えているあなたに向けて、
このサイトでは「どんな枕であれば、快適にストレートネックを改善に役立つのか」を実際に枕を使用して様々な観点から”どこよりも詳しく”紹介します。

どんな枕が良いのか?ストレートネックにおすすめな枕ランキング

「そんなことはいいから。まず早く何がおすすめか教えなさい!」

そういったせっかちな人に向けて、どの枕がおすすめなのかを表にまとめました。
とにかく先に知りたい人は参考にしてください。

1位 YOKONE3 2位 テクノジェル 3位 The Pillow 4位 MyeFoam 枕 5位 ニトリ
ポリエステル枕
イメージ
価格 19440円 27000円 7980円 4980円 498円
枕の材質 低反発リラックスウレタン ウレタンフォーム+ウレタンジェル 3Dポリゴンメッシュ(ポリエステル) 低反発リラックスウレタン ポリエステル
寝心地
保証期間 記載なし 3年 7年 1年 1年
その他
  •  4段階の高さ調整
  • 首ストレッチ機能搭載
  • 横向きだけでなく様々な姿勢に対応
  •  様々なモデル展開
  • 公式サイト登録で2000ポイント(2000円引き)
公式ページ 購入ページはこちら 購入ページはこちら 購入ページはこちら 購入ページはこちら 購入ページはこちら

ストレートネックを今すぐ治さないといけない理由

ストレートネックが引き起こす症状は色々あります。

代表的なのを取りあげると、

  • 常に感じる肩こり
  • 腕の痺れ
  • すぐ疲れやすい
  • 首が重たく感じる

などがあります。

症状の程度はあると思いますが、当てはまる人もいるのではないでしょうか?

現代の国民病と言われているぐらいなので、身に覚えのある人もいるでしょう。

「でも、そこまでひどくもないし別にこのままでもいいのでは??」

と思ったあなたは今すぐその考えをやめてください!!

ストレートネックになると、首の自律神経にどんどん負荷をかけていくため知らずの内に「うつ」になっていたなんてこともあります。

さらに詳しく

首の姿勢が様々な問題を引き起こす原因となるので早めに対処しないといけません。

  • 肩こりに悩まず元気に生活したい
  • ポジティブな気持ちで一日を過ごしたい
  • 疲れやすい身体を改善させたい

このように考えるのであれば、ストレートネックは今すぐにでも治すべき。
放っておくと「うつ」にもなりかねない危険な状態なのです!!

更に理解をしていただくため、ストレートネックについて詳しく見ていきましょう!

ストレートネックの原因は姿勢の悪さにあった!!

首に負担を掛け過ぎた結果、頸椎(けいつい:首の骨)が本来持っている「ゆるやかなカーブ」が失われた状態がストレートネックです。

この画像を見ると分かるようにストレートネックの人は首のカーブがなくなっている状態です。

ストレートネックの原因は、簡単にいうと「姿勢の悪さ」にあります。

姿勢が悪くなる原因は色々ありますが、大きく分けるとこのような感じになります。

  • スポーツ(バレエ、ダンスなど)
  • スポーツや事故などの大きなケガ
  • スマホ、パソコンの見過ぎ(デスクワーク)
  • 首の筋力不足
  • 間違った枕の使用

この中で一番多い要因はスマホ、パソコンの使い過ぎです。

スマホ、パソコン作業が増えてきたことが現代のストレートネックが増えている原因です

日ごろのうつむき姿勢がストレートネックを加速させていた!?

じゃあ、なぜストレートネックになるのでしょうか?

答えを言うと、「日ごろのうつむき姿勢」が原因なのです!

ストレートネックに悩んでいる人はこんなことに心当たりはないでしょうか?

  • スマホを使っているとき
  • パソコンを長時間つかっているとき
  • 読書中や勉強中
  • 電車での居眠りしているとき
  • 立ち仕事をしているとき

このようなことをしている時、頭が前に垂れた状態になっていませんか?
首が前のめりになってきている認識があれば、早速改善しましょう。

うつむきの状態はかなり首(頸椎)に負担をかけます。
頭が垂らしてうつむいていると、重力をそのまま受けた頭を頸椎が直接支えることになるからです。
そうやって首に負担をかけ続けた結果、クセとなりストレートネックにつながります。

「そんなことはない!」と思っているあなた。
日ごろからしている動作を考えてみてください。意外と当てはまりませんか?

頭が2センチ前に出るだけで首にかかる負担は2倍になります。
前に出れば前に出るだけ首に負担がかかってしまい、どんどんストレートネックをひどくさせてしまいます。

デスクワークだと画面がしたに来ることが多いので、頭が自然と前にきてしまいうつむき姿勢になりがち。。。
だから、デスクワークが多い人がストレートネックに悩むことが多いのです。

ストレートネックを改善するにはどうしたらいいの?

では、スマホを使うのをやめてください!
なんていうのはナンセンスですよね。

ストレートネックを改善するためには、

  • 日ごろのうつむき姿勢を正しい姿勢に戻す
  • 適度に首のストレッチをして筋肉を緩める
  • 睡眠中に首に負担をかけない姿勢にする

を行っていくことがとても大切になります。

日ごろのうつむき姿勢を正しい姿勢に戻す

先ほど述べたように、ストレートネックの原因は「うつむき姿勢」よってついたクセです。

日常生活における様々な行動で首が前向きになっていないかチェックして、前向きになっているのであれば修正しましょう。

あるタイミングで背中を伸ばすなどのクセをつけると効果的です。

ストレッチをして筋肉を緩める

デスクワークを続けていると、どうしても肩と首が前に出てきてストレートネックを助長してしまいがちです。

いろんな部位の筋肉が集まっている肩回りは筋肉が硬くなりやすいので、頻繁に頭や肩を回すなどのストレッチをした方がいいです。

睡眠中に首に負担をかけない姿勢にする(これが大切!!)

ストレートネックに悩んでいる人は一度自分の枕を見てみてください。

「高さのある枕になっていませんか?」

高すぎる枕で寝るということは、睡眠中は首が前にでた姿勢になっています。
その場合、睡眠時間が8時間であったとすると、一日の1/3もの時間を首が倒れた姿勢で過ごしていることになります。

首に大きな負担となっている可能性があります。

この時間を正しい姿勢で過ごすことができれば?
枕でストレートネックを改善できることになります。

なので、首に負担がかからない枕へ変えてみましょう。

ストレートネックの人は仰向けなら低めの枕の方が負担が少ないです。
また横寝であれば、肩の高さを加味した枕の高さを選ぶ必要があります。

寝る姿勢は人によってバラバラですので、その人にあった枕を選ぶ必要があります。

ストレートネックで悩む人におすすめな枕の選び方

ストレートネックに悩む人におすすめな枕の選び方は、首に負担をかけない枕を使うことが大切になります。
合わない枕を使っていると、首に負担がかかってしまいます。
首へ負担がかかる枕は、どうしても頭の位置が高かったり頭が沈み込んで低かったりします。

大切なのは頭と身体の重心のラインをそろえることです。

寝る時もまっすぐ立っている時の身体のラインが維持ができればベストと言われています。

ストレートネックで悩む人におすすめできる枕とは?比較してみました!

どのような枕であれば、ストレートネックを改善させる助けとなるのでしょうか?

以下の点を踏まえて良い枕というものを比較してみました!

  • 価格
  • 枕の高さ調整機能
  • まくらの固さ
  • 肌触り
  • 寝心地
  • 保証等のサポートについて

横向き寝用のYOKONEや高反発枕のThe Pillow、ジェル枕のテクノジェル、Amazonで大人気のMyeFoamなど首に負担をかけない枕を集めて比較検証しました。
実際に使った姿勢なども写真にして紹介していきます。

それではランキング形式で紹介していきます。
※当サイト独自の見解です。

5位:ニトリ ポリエステル枕

皆さんが知っているメーカーの枕として比較対象として入れました。

結論はストレートネックに悩む人にはおすすめできません。

理由は「頭の位置が身体とズレてしまう」からです。
下の写真は実際に使用しているところの写真です。

頭の位置が上がっているのがわかると思います。
このようになってしまうと、睡眠時首周りに負担をあたえてしまいます。

実際に使ってみて

寝心地は可もなく不可もなくといったところでしょうか?普通です。
寝れないわけではありませんが、枕が柔らかすぎて首がホールドされず安心感がありませんでした。
そのため、横向きになったり仰向けになったり起きたときの姿勢がバラバラになっていることがよくありました。

また、夏場になると頭の熱をあまり逃がしてくれなかったため寝づらいことも。。。

とにかく枕がすぐ必要という人や来客用として使うのであれば問題ないですが、ストレートネック用には避けた方がいいでしょう。

価格 498円
枕の高さ調整 なし
材質、固さ 柔らかめ、首のホールド感はなし
肌触り ポリウレタンと綿からカバー選択可能
寝心地
保証サポート 1年

4位:MyeFoam 枕 ストレートネック

Amazonで「ストレートネック 枕」と検索すると高評価で口コミ多い枕がMye Foamの枕です。

この独特な形が特徴の枕ですが、中央から上下左右にくぼみを作ることで頭の安定感を作ることができるというのが売りです。

実際に使ってみて

ホールド感はあるが実用性に向かないということです。

枕のにおいがきついため寝るのに向かないんです。
実際にスレートネックを改善するための首のホールドなどがあり、ストレートネックを改善するために必要である首に負担をかけない姿勢をつくるような取り組みがなされているので、価格の割には性能が良いと考えられます。

しかし、上回るデメリットの匂いの問題。

睡眠をしっかりするにもリラックスしないと快眠もできないですよね。
寝付けず寝返りを繰り返し、気づけば首に負担のかかる姿勢に結局なってしまう可能性があります。

そんな状態では、なかなか寝れませんよね。。。

調べてみると、中国製の無名ブランド品ということが分かりました。
安いものには何かしら理由があるということなのでしょうね。。。
内容も後述するYOKONEのマネをしている感じも否めません。

ニオイなんて気にならない!そんな人にはおすすめです。

価格 4980円
枕の高さ調整 前8㎝、後ろ10㎝の2種類から選択可能
材質、固さ 低反発リラックスウレタン、首のホールド感あり
肌触り ビロード生地
寝心地
保証サポート 1年

3位:The Pillow

The Pillow(ザ・ピロー)多分あまり聞きなれないと枕だと思います。
まくら株式会社が提供する枕でキャッチコピーは「地球で眠る、すべての人へ」。

ストレートネックの人が使用する枕としてもおすすめできます。

特徴は他にはない3Dポリゴンメッシュという素材を使って、前後左右の動きに対応できるようにしているところです。
体圧を分散させ頭部に負担がかからないようにしています。

また他の枕と全く違う点は、高反発枕であることです。
首に負担をかけないようにするため、他の枕では身体にフィットする形になっていることが多いですが、The Pillowは高反発によって適切な姿勢を支えます。
なので、寝返りを打っても頭が沈み込まず常に適切な体勢でいることができます。

実際に使ってみて

首元のホールド感としっかり頭部が下から支えられており快眠しやすかったです。
また枕もカーブしており、首のカーブ具合にちょうどフィットする形になっていました。

写真を見ると、枕が凹んでいないことが分かります。
今までの枕は頭に合わせて枕もへこむというような感じだったけど、The Pillowは正しい形に頭をサポートしてくれるんです!

自然な姿勢で寝ることができるので、ストレートネックにありがちな朝の首元が重たい感じがなく、首元と肩のすっきり感があります。
首への負担はかなり少ないと感じました。

私は寝ている時は寝返りを打つことが多く、安い低反発枕だと沈む感覚が気になって目が覚めることもありました。

The Pillowでは高反発になっているので沈み込みがありません。
何回寝返りを打っても下から支えられていました!
快適に睡眠ができる工夫がされていると感じることができます。
肌触りはテンセルのカバーを使っているので常に快適な眠りができるのもGood。

高反発な枕で「しっかり自分の首元を支えて適切な姿勢を保ちたい」という人にはうってつけです。

価格 7980円
枕の高さ調整 あり(1.5㎝の高さ調節パッドあり)
材質、固さ 高反発3Dポリゴンメッシュ(ポリエステル)
肌触り テンセルの優しい肌触り
寝心地
保証サポート 7年間

2位:テクノジェルピロー



最大の特徴は枕にジェルがついていることです。
似たような枕はたくさんありますが、テクノジェルはジェル自体の研究をはじめ歴史も長く、枕だけでなく産業用であったり医療用にも納入しているメーカーです。
世界中に販売しており、圧倒的な寝心地で有名になっています。

このようなジェルが枕に乗っかっています!

ジェルが頭と身体を支えて、適正な位置に調節してくれます。
特注品のように自分だけの頭にあったオーダーメードのようなフィット感にしてくれるのが売りです。
ジェルが頭に来るので通常の枕より冷たい感じるようにされています。
健康な状態とされる「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」を簡単に実現できるという特徴があります。

実際に使ってみて

頭を付けたとき、静かにへこむので違和感なく頭が置けました。

「スッとしていて冷たいものにおいている感じで寝やすい!」

大事に首を包んで守ってもらっている感じがして眠りやすかったです。

正直、最高レベルの寝心地です。

重さがあるので寝返りを打っても、しっかり体を優しく支えてくれるため安定して眠ることができます。

物凄く首が楽になります!

ただ、ひとつ気になったのは高さが調節できない点です。
もし合わない高さであった場合、調節が利かないといいものを買っても使いこなせませんよね。
テクノジェルでは自分の身体や寝方に合わせたモデルを展開しており、事前に確認して選ぶことができればこの高さの問題はなくなります。

テクノジェルは数種類ありますので、自分にぴったり合う枕を見つけることができれば、かなり寝やすい枕になること間違いなし!

コストは高いですが、ばっちりハマったときのフィット感は最高でした!!

価格 27000円
枕の高さ調整 なし
材質、固さ テクノジェル+低反発リラックスウレタン
肌触り 天然由来の極細繊維によりしなやかな肌触り
寝心地
保証サポート 3年間

1位:YOKONE3




横向きに寝ることで首への負担を減らすことができます。

しかし、横向きに寝る用の枕は仰向けに寝る枕より探すのが難しいです。
なぜなら、頭のと身体の重心が上手く合わないことが多いためです。

そんな横向き寝をしている人に向けて横向き専用の枕があります。
YOKONE3 です。

YOKONE3は快適に横向き睡眠をするために色々な取り組みがされています。

  • リラックスウレタンによる低反発で身体の形に合うようなフィット感
  • 2枚の高さ調節パッドによる細かい高さ調整
  • 頭、腕、首、肩を支える特許構造
  • 首のストレッチ機能を枕に搭載

実際使ってみて

もともと横向き睡眠をしているので、かなり横向きでの睡眠がはかどりました!

写真をみて下さい!


見事に重心が一直線になっていませんか?
首の負担をなくすために追い求めていた形です!!

横向きの睡眠は肩の位置であったり、腕の位置の置き場に困ることが多いのですが、そのような不安は全く問題になりませんでした。

横向きに特化しているだけあって実際、朝起きたときの首の重さがありませんでした。
え?もう朝!?というぐらいに深い睡眠ができ、他の枕との違いを感じることができます。

横向き睡眠をしている人向けのものですので、誰にでもおすすめできるというものではありませんが、
ストレートネックから来る肩こり、腰痛に悩んでいるのであれば一度は試して頂きたい寝方です。
YOKONE3がかなりおすすめできます。
重心が一直線になるような工夫がされているため寝るときの姿勢が非常に楽です。

価格 19440円
枕の高さ調整 調整パッド2枚付き
材質、固さ リラックスウレタン、適度な頭のホールド感あり
肌触り やわらかな手ざわり
寝心地
保証サポート 記載なし

ストレートネックに負担を与えない枕はこれ

実際につかって比較した結果、
ストレートネックの人が使用するにあたって首に負担を与えない「体と頭の重心のラインがそろったお得な枕」は「テクノジェル」と「The Pillow」と「YOKONE2」になりました。

その中でも「テクノジェル」と「YOKONE3」のおすすめポイントについて説明していきます。

2位のテクノジェルがおすすめできる3つの理由

フィット性の高いジェル(テクノジェル)を採用して圧倒的なフィット感を実現している

https://shop-jp.technogelworld.com/lp/images/medical_01.jpg

枕を選ぶにあたって一番大切なのがフィット性です。

本当に快眠できる枕というのはどんな枕か知っていますか?

「頭の体圧を分散させて首元のすき間を埋めてくれる枕」が良い枕とされています。

テクノジェルの枕は「医療用でも使われているジェル素材」を採用しており、
「上下左右のどんな動き」にもジェルが吸い付くようにフィットしてくれるようになっています。

高い耐久性と長期品質保証

テクノジェルはより自社の枕に自信を持っているので、長い保証がついています!

メーカー保証で3年の保証!

また品質の面でもテクノジェルは特徴があります。

製品の品質テストをしっかり行っている点です!

実際にテクノジェルでは製品の品質テストを行っていて、11万回の圧縮テストで99%の復元性があることが確認されています。

数が膨大なので、ちょっと分かりやすくしてみると
仮に1日10回寝返りをすると考えても、30年はほぼ同じ品質でつかえる計算になります。

毎日使う枕だからこそ、しっかり品質が確認されたものを使いたいという要望に応えてくれています!

様々に人に対応した多くのモデルから選べる

テクノジェルはいろんな人の悩みを解消できるように様々なモデルを展開しています。

もちろん、ストレートネックの人にもおすすめできる枕もあります。

基本的なテクノジェルは枕の高さも個人個人で選ぶことができるようになっていますが、特にこだわりがなければコントアピローを使えば間違いないでしょう。

タイプ サイズ7 サイズ9 サイズ11
枕の高さ 7㎝ 9㎝ 11㎝
おすすめな人 身長155cm以下の人 身長155~165cmの人 身長165cm以上の人

多くの枕は高さを選ぶことができないため、買った枕が本当に自分に合っているか分かりません。

それどころか、目安もないため買うときに不安になるかもしれません。

テクノジェルはどんな人が使っても最高の寝心地になるように買う前から様々な情報を提供してくれるため、安心して購入することができます。

今なら公式ページで会員登録をすれば、2000ポイント(2000円分)をプレゼントしているのでお得に購入できます。

1位のYOKONE3は何が違う??圧倒的におすすめできる2つの理由

仰向け、うつ伏せでの睡眠にも対応

横向き寝用といっても寝返りを打つので姿勢が変わることがありますよね?

YOKONE3では仰向け、うつ伏せなどどのような体勢にも対応できるように枕の構造を変えています。
YOKONE2にも寝返りが打ちやすいように頭部にくぼみを作っていましたが、YOKONE3では頭のくぼみ部分を深くしています。

簡単に言えばすこし高さを下げているんですよね。

YOKONE3では高さを感じにくい構造にしたことで、どんな体勢でも快眠することができるようになりました。
つまり、どのような姿勢でも身体の重心が一直線となり快適な睡眠ができます。

首のストレッチ機能を追加(ストレートネックには必須)

寝る前に体をリラックスさせた状態で睡眠に入ると快眠できるといわれています。
ストレッチやアロマを炊いてリラックスすることもありますが、首周辺のストレッチって中々忘れがちです。

ストレッチを行って首の筋肉をほぐすことは、ストレートネックを予防するのに欠かせません。

YOKONE3では、枕の上部にストレッチ機能を搭載するようになりました。
このように凸凹したところが、首の筋肉を刺激してほぐしてくれます。

寝る前に枕を回転させて首に当てコロコロするだけでいいので気軽にでき、そのまま睡眠することができます。

「首回りをほぐしたいなー!」って思ってからすぐストレッチができるというのは他の枕になかったところです。

単に枕で首のストレッチを行うことができるのは、ストレートネックを改善させるにもかなり有効的と言えるでしょう。

最後に

ストレートネックの人が枕を使う場合、まず首に負担をかけない枕を見つける必要があります。
その中でチェックしていただきたいのが「重心の位置」です。

重心の位置が安定しているのが「テクノジェル」で位置を調節できるのが「YOKONE3」です。
仰向けならテクノジェル、横向きで寝たいのならYOKONE3。
この2つから選べばきっと、ストレートネックで悩んでいる人にも満足する結果になると思います。

更新日:

Copyright© ストレートネックにおすすめな枕ランキング! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.